求人は自分に合うか

正社員登用のある求人

求人は最新の情報を見る事

以前の職探しと言えば、職業安定所を筆頭に、新聞広告、数冊の有料求人誌、時々の新聞の折り込みにある程度で、現在のように、豊富な情報源はありませんでした。この恵まれた現状で職探しをする場合、人を採用した企業側の立場で考える事も必要です。つまり、自身が直ぐにも就職をしたい状況であれば、ある程、その求人が公開された日に、多くの媒体から応募先を探し行動に移すべきと言う事です。もちろん、こちらが思う程、採用を急ぐ企業ばかりでは無いのですが、中には直ぐにも採用を急ぎたい企業が必ずあるのです。

営業職を経験してみて転職

殆どの会社や組織には営業職やそれに相当するお仕事があります。営業としての成績を伸ばすことも必要ですが、1番大切な事は会社や組織とお客様の間に位置しスムーズに両方の意見や考え方を流れるようにするのが本来の営業のお仕事です。昔と違って終身雇用制は官公庁に残っているくらいで今後戻ることはない筈です。そうするとスキルを持って転職するでしょうが人間関係をお互いに仕事に役立つように営業職を経験する事をお勧めします。

↑PAGE TOP